賃貸物件の契約で礼金を支払う意味とは?

賃貸物件を契約するときには、敷金と礼金というものがともに必要になることも多いですが、この中で礼金というのはどういう意味合いを持っているのでしょうか?
敷金というのは家賃が払えなくなったときなどに備えて、あらかじめ入居者から受け取っておく保険のようなもので、こちらは入居者にとっても十分意味を感じられるものになると思います。
しかし、礼金というのは単なるお礼の意味を込めたお金で、入居者からしても何で払う必要があるのか?という意見を持っている人も多くいると思います。
礼金というのは、部屋を貸してくれたことに対しての感謝のお金ということになりますが、感謝のお金ならばなぜ大家さんの側が請求するのか?というのは結構言われているのです。
感謝の気持ちを理由にするお金ならば、入居者が自主的に払う性質のもので、大家さんが請求する類のものではないという考え方もできるでしょう。
しかも、この礼金は戦後の家がなかなかなかった頃にできた慣習であり、家を探すのが大変だった頃の事情を反映してできたものなので、それが現代まで残っていることに関して疑問視している人もいるのです。
感謝を強制されつつ、しかも感謝の気持ちはお金を表さないといけないというような慣習が礼金になるため、人によってはおかしいと感じている人もいますから、礼金をとらないケースも増えてきてはいるのです。
しかし、現在でも敷金とともに礼金をとる大家さんは結構いるので、賃貸物件を探すときには礼金を支払わないと借りられないことが多々あると思った方が良いでしょう。
本来払う必要性をあまり感じられないお金なので、納得いかない人は礼金がいらない部屋を探すしかないということになります。