賃貸マンションのオフシーズンとは?調べてみました

転勤や転職、結婚や家族が増える時、人は住み替えについて考えるようになります。一生そこで暮らす、そういうケースだと戸建を探しますが、若い世代が探すもの、と言えばやはり賃貸マンションでしょう。
賃貸マンションのオンシーズンは、12月から3月。新年度が始まる前の準備期間が、不動産業界にとって一番忙しい時期になります。時点は9月などの人事異動が発表されやすい時期。
つまり賃貸マンションを探す時のオフシーズンは上記以外の時期、具体的に言うと春から夏の終わりにかけて、になるんですね。確かに自分の周りを見ても、その時期に引っ越ししている人って…少ないような気がします。大抵の人が「理由があって引っ越す」わけで、その理由というのは進学だったり異動だったり、がやっぱり多くなるんでしょうね。
オフシーズンに賃貸マンションを探すメリットは、まずひとつめに「不動産やさんに余裕があること」があります。時間的に余裕があるからこそ親身になってくれるんですね。落ち着いて話を聞ける、物件をまわることができるので、しっかり物件を見て契約することができるんです。これは大きなメリットでしょう。
次に、オフシーズンになると敷金や礼金が安い場合もあるんですよ。家賃交渉だってオフシーズンのほうがやりやすいんです。今後引っ越しを考えているならば断然オフシーズンでの家探し、契約がおすすめです。
ちなみに、引っ越し業者に関しても、このオフシーズンは…安くておすすめなんですよ。とはいえ、引っ越す事情によって、引っ越し時期を動かせないこともありますが、そういう理由がない場合は春から夏の終わりにかけて、の時期を狙ってみることをおすすめします。少しでも安くマンションを借りて、新生活を楽しい気分でスタートしたいものですね。